紫外線対策

きちんとした紫外線対策で肌のハリを保ちましょう!

紫外線が肌のハリに与える影響は計り知れない程です。
まず、紫外線にはA波とB波がありますよね。
B波はいわゆる肌の表面が日焼けの状態になる紫外線で、肌への影響が分かりやすい紫外線です。
A波は、肌の奥、真皮まで届く紫外線で、コラーゲンやエラスチンを破壊して肌のハリを奪っていきます。
こちらのタイプは、肌への影響がすぐに出ないので気づきにくいのですがじわじわと肌の奥で肌にダメージを与えています。その影響に気付くのは、肌のハリが失われてしまった時です。

 

日光浴が推進されていた昔と違い最近では赤ちゃんでも紫外線対策が常識となっています。
紫外線は一年中降りそそいでいるので、年間を通してその時期に適した紫外線対策が必要です。
特に、3月から9月にかけての紫外線は強力なので、その時期は特に念入りな対策を行いましょう。
紫外線対策が常識になっている現代では、海などのレジャーに出かける際に日焼け対策をしてない人はいないですよね。
このように屋外に遊びに出かけるとなると万全な紫外線対策を行う人は多いのですが、日常生活ではどうでしょう!?
洗濯を干すとき、ちょっとそこまでのお出かけ、通勤、通学時、また、室内や車内にいる時にも紫外線対策が出来ていますか!?
A波の紫外線は、別名で生活紫外線と言われるほど、日常生活で気をつけなければならない紫外線です。
A波は雲や窓ガラスまで軽々と通過してしまうので、曇りの日でもお部屋の中にいる時でもA波は肌の奥、真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊しているんです。

 


日焼け止めを選ぶ際の表記の意味を知っていますか!?

 

日焼け止めを選ぶ際に、注目したいのが「SPF」と「PA」です。
SPFは昔からよく知られているのですが、PAが注目され始めたのは比較的最近ですよね。
このPAこそが紫外線A波を防ぐ表す値なんです。
・「PA」→紫外線A波
・「SPF」→紫外線B波

 

PAの値は、Protection Grade of UVAの略で+を使って4段階で表示されます。
PA+
PA++
PA+++
PA++++
このような表示で表されます。
そして、プラスの値が多い程紫外線を防ぐ効果が高くなります。

 

SPFの値はSun Protection Factorの略で、0から50+で表示され、数字が高い程効果が高くなります。

 

日焼け止めを選ぶ際は、このPAとSPFの両方の値を確認しましょう。